大麦若葉に含まれる栄養素

スーパーオキシドディスムダーゼ(SOD)、ペルオキシダーゼ、カタラーゼ、チトクロームオキシダーゼ、アシルCoシンテターゼ、リンゴ酸デヒドロゲナーゼ、ポリフェノールオキシターゼ、ヘキソキナーゼ、ポリヌクレオチドホスホリナーゼ、リポヌクレアーゼ、プロティナーゼ、ピロホスファターゼなど。
カルシウム、カリウム、マグネシウム、ナトリウム、リン、鉄、亜鉛、銅、マンガン、ケイ素、ニッケル、リチウムなど。
ビタミンA(βカロテン)・B1・B2・B6・C・E・K、ビオチン(ビタミンB群)、葉酸(ビタミンB群)、ナイアシン(ビタミンB群)、パテント酸(ビタミンB群)など。
【フラボノイド】サポナリン、ルトナリンなど。

【その他】クロロフィル、ルテイン、ヘキサコサノール、シトステロール、たんぱく質、アミノ酸、ペプチド、GABA、オレイン酸、リノール酸、リノレン酸など。

①SOD ②カタラーゼ ③サポナリン ④グルタチオン ⑤フラボノイド ⑥カロチノイド

●SOD(スーパーオキシドディスムターゼ): 過剰に発生した活性酸素(スーパーオキシド)を瞬時に分解し、無毒化してくれる酵素です。

●サポナリン: 大麦若葉エキス末に含まれる抗酸化フラボノイド(ポリフェノール)の一種です。脂溶性、水溶性ともに併せ持つ抗酸化物質で、ビタミンEやビタミンCに比べ、はるかに強い抗酸化力があります。また物性が非常に安定しているため、熱や酸にも強く、様々な環境において優れた抗酸化力を発揮します。